テニスダブルス上達革命について

こんばんは、佐藤健ことサトケンです。夫婦でテニスをエンジョイということでブログを書き始めましたが、早いものですね、今日は第4回目になります。お盆休みも終わりに近づいているので、来週からテニスの練習が再開されます。前回の記事では、テニスの技術的な悩みということで、僕はドロップボレーが苦手だと言う話をしました。ドロップボレーでミスをしないように練習したいのですが、そもそも効果的なドロップボレーの練習法やメニューを知らないのです。それが問題だということに気づきました。ちなみに、ダブルスの相方である妻は、バックハンドが苦手です。特に両手でのバックハンドが上手く打てないようです。片手のバックハンドは問題ないようなので、バックハンドのコツを掴めば、安定して上手く打てるようになりそうですけどね。テニススクールに通ったり、専属のコーチをつける余裕もないので、インターネットで検索して、テニス練習法を探しています。インターネットではテニスを解説しているサイトや動画がいろいろありますね。Youtubeにも動画があるのですが、佐藤博康のテニスダブルス上達革命というDVDに興味があります。佐藤博康はダブルスの覇者と呼ばれているくらいテニス界では有名な方です。もちろん、僕も名前を知っているくらいです。佐藤博康は全日本テニス選手権や亜細亜大学フューチャーズのダブルスで優勝経験があるのです。大きな大会だと、ダンロップワールドチャレンジでベスト8などの実力を持つプレーヤーです。ダンロップワールドチャレンジは国際大会なので、ベスト8とはいえ、すばらしい結果だと思います。コーチとしても活動している方なので、直接指導してもらいたいところです。テニスダブルス上達革命という教材で、ダブルスの基本から上達法がまとめられているので、動画で見て学んで、練習に取り入れようと考えています。DVDの内容としては、バックハンドに関する項目もちゃんとあります。例えば、クロスラリーが弱い時の上達法として、フォアハンドとバックハンドの打ち方が解説されているそうです。また、僕が苦手なドロップボレーの項目もあります。その他にも、アングルボレーやロブボレーなど基礎から学びなおしたい項目がたくさんあります。佐藤博康のテニス教材は、苦手プレーの克服だけでなく、ダブルスの基礎固めにも使えそうです。妻と一緒にDVDを見て、実力をアップを目指したいところです。